作る目的を明確にできる|マニュアル制作会社に依頼する理由

顧客情報を共有する

名刺

営業効率化が推進できる

外部の人と初めて接するときに交換されるのが名刺です。新規の営業なら数多く手に入れまし、既存企業担当者であっても、先方の担当交代や、新しい部署との関わり等で必ず手に入れる機会はあります。名刺情報は、個々人が手に入れてくるものであり、その情報整理は人それぞれです。会社の共有財産でありながら、個人毎の整理に委ねられているため、情報がすぐに取り出せる人と、そうじゃない人が出てきます。本人が使用する場合には、本人の時間効率の問題だけで済みますが、事務方に何かを依頼したい時や引継ぎを行うときには、問題が発生してきます。そんな個人に委ねられている情報集約を効率的に行えるのがsansanです。sansanは、各企業ごとに名刺をスキャンする機械が提供されます。名刺情報を得てきた人は、その機械に名刺を投入するだけというシンプルな機能のため、名刺情報を入力する側からの評判は上々です。また、情報をスキャンできることだけで評判がいいのではなく、sansanはそのスキャンした情報を管理することができ、そこに追加情報を入力することもできます。そのため、名刺情報取得者自身もsansanの情報を入力しておけば、過去にどのような面談であったのかなどを確認できます。これは、引継ぎを行う人間にとっても評判がよいです。すべての引継ぎがスムーズに行えるわけではないため、過去の経緯をsansanで確認できることは、引き継ぐ側にとっても、追加資料の準備が不要になります。また、事務方にとってもsansanは評判が良いです。例えば営業から書類を送付されることを依頼される場合、名刺をいちいち営業からもらわなくても、氏名と企業名をもらえれば、sansanで送付先情報を簡単に確認できます。sansanは情報共有の効率化に貢献します。